ヴィジュアル系との決別のボブ

私は子供のころから前髪を作ったことがありません。理由は母が「この子は前髪がないほうが似合う」というからです。逆に姉は、「この子は前髪があったほうが似合う」ということで、ずっと前髪があります。なので、私はずっとワンレンです。ずっとセミロングでしたが、ヴィジュアル系を好きになって、ワンレンのスーパーロングにしていました。それがつい最近までで、最近ヴィジュアル系との決別と決心して、ずっと憧れていた、前さがりのボブにしました。最初は傷んでいるところだけ切るつもりで美容院に行ったのですが、傷んだ部分を切ってもらって、「いいですか?」と鏡に映されて聞かれた時、一瞬迷ってから「ボブにしてください」と言ってしまいました。「いいんですか?」と言われましたが、「いいです」と言ってボブにしてもらいました。切った後、みんなに「若くなった」と言われ、嬉しくて気に入っています。ただ、母は「そんなに切ったの!?」とびっくりしていましたが。でも、やっぱり前髪は作っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です