パントテン酸の働きとサプリメントの利用について

パントテン酸はビタミンB群の一つで、酵素の働きを助ける物質の構成成分となり、体内でエネルギーを作り出したり、ストレスに対抗する力をつけるために働いています。パントテン酸は腸内細菌によって作られるので、通常の食事をしていれば不足することはありません。けれども、バントテン酸が体内で足りなくなってしまうと、慢性的な疲労や倦怠感、頭痛の原因になります。食べ物にもバントテン酸は多く含まれていますが、酸やアルカリ、水に溶けやすいので、流失することがあります。不足が心配な場合はサプリメントの利用を考えてみるとよいでしょう。サプリメントでバントテン酸を摂取する場合、ビタミンB群のマルチビタミンサプリメントを利用するといいでしょう。ビタミンB群はそれぞれが補い合うようにして働いているからです。販売されているサプリメントもパントテン酸単独ではなく、ビタミンB群複合体として販売されているものが多くあります。使う時間に特に制限は設定されていませんが、食事時に飲むと吸収しやすいといいます。カフェインやアルコールは、バントテン酸の吸収を阻害しますので、水で飲み下すようにすることも、大事なポイントです。健康のために利用するサプリメントでも、たくさん摂取すれば、それだけ健康が増進するというものでもはありません。正しい用量を守りながら、バントテン酸のサプリメントを摂取することが健康維持のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です